Gibson USA High Performance Model(ハイパフォーマンスモデル)

昔ながらのギブソンファンからは賛否両論あります。High Performance(ハイパフォーマンス)モデル。

 

まさにギブソンイノベーションの一角といえるのがこのハイパフォーマンスモデルです。

 

ハイパフォーマンスモデルは発売当初から賛否両論ありました。オートチューニングのG-Forceマシンヘッドの搭載やゼロフレットナット、やや幅広く非対称なネック形状など。(HP2となった2018モデルでは、G-ForceマシンヘッドがGroverのロック式ペグに変更となっております。)

 

古くからのギブソンファン、レスポールファンからはあまり良い評判を得られていなかったように思います。

 

ですがそのようなギブソンファン、レスポールファンの皆様にはカスタムショップのリイシューモデルやLes Paul Traditionalなどのモデルが用意されておりますので、このハイパフォーマンスモデルは今までのギブソンファン以外のギタリストに向けたモデルなのだと思います。

 

やや幅広のネックは速弾き系のギタリストには好評ですし、高さ調整が可能なチタン製ゼロフレットナットは解放弦と押し弦とのサウンドパランスが取れ、ボディバックにはコンター加工が施され演奏性を向上。

 

HP-4 High Performance Circuitと名付けられたサーキットではキャビティ内部のDipスイッチとPush/Pullポットを組み合わせることで150種以上もの多彩なサウンドバリエーションを実現しています。

 

Push/PullポットのPull(引き上げた)状態でのバリエーション
Neck Volume ネック側ピックアップのタップ、もしくはスプリット
Bridge Volume ブリッジ側ピックアップのタップ、もしくはスプリット
Neck Tone ピックアップミックス時のフェイズアウト
Bridge Tone タップ、スプリット時のコイルを内側(Push時)から外側に
DIPスイッチのオン、オフによる機能
1 Neck VolumeのPullで、タップにするかスプリットにするかを選択
2 Bridge VolumeのPullで、タップにするかスプリットにするかを選択
3 Neck Volumeにハイパスフィルターをかける、かけないの選択
4 Bridge Volumeにハイパスフィルターをかける、かけないの選択
5 過信号サプレッサー※のオン、オフ

※過信号サプレッサーはピーク音を抑えることでオーバーロードを防ぐ機能です。

 

ハイパフォーマンスモデル専用に用意されたFade系カラー、高いグレードのトップ材、特性ハードケースなど、このモデルが特別扱いされているのが分かります。

 

 

食わず嫌いでなく、一度お試しいただきたいと思います。

 

Gibson <ギブソン>
Les Paul Standard 2018 HP II High Performance をさがす

「Gibson USA High Performance Model(ハイパフォーマンスモデル)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください