楽器について

この記事をシェアする

徹底解明!!Ampeg(アンペグ) AEB-1&AUB-1 Scroll Bass!!

ampeg-ScrollBass

こんにちは、こんばんは。はじめまして、ロッキン名古屋栄店 冨田です。

かな~~~り間のいたこのロッキン名古屋栄店ブログですが、生存しておりますよ。ええ。

さてさてさて、この度当店に素敵なベースが2本、同時入荷致しましたので「こんな機会滅多にない!!」と徹底解明致します!!非常に長いですが是非、最後までお付き合い下さい!!宜しくお願い申し上げます~!!

続きを読む

この記事をシェアする

1960年代のGibson Les Paul Custom 徹底調査

Gibson Les Paul Custom

1960年代後期のGibson Les Paul Customを3本同時にお預かりさせて頂きました。なかなかこんな機会は巡り会えませんので、それぞれのギターを写真を交えて徹底調査致します!

そして、最後には衝撃の結末が…

続きを読む

この記事をシェアする

マニアック商品紹介のコーナー Vol.1

Gibson チャレンジャーIII

突然ですが皆さんはギターと言えばどういった物を思い浮かべられるでしょうか?

多くの方が「ストラトキャスター」や「レスポール」等の、人気・知名度の高いモデルをイメージされることと思います。

それらのモデルは各ブランドの歴史を語る上でも欠かせない物ですので、リイシュー・モデルの開発も盛んに行われており、新品&中古品共に当店でも多数在庫しております。

しかしながら、さしものギブソンやフェンダーといえど、ストラトやレスポールだけを作ってきたわけではないのです。

続きを読む

この記事をシェアする

ギター&ベースの「ハードケースの開け方」

ハードケースの鍵の開け方

「ギター or ベースを買ったけれど、付いてきたハードケースに鍵がかかっていてケースを開けられない!!」そんな経験は有りませんか?

 

ロッキン名古屋栄店でもご購入頂いたギターやベースの「ケースが開かない!」とご連絡を頂く事が有ります(申し訳有りません、これはご案内不足です…)。鍵はかけていないのですが、ハードケースの開け方は確かに分かり難いですよね。そんな事にならないように、今回はGibson(ギブソン)系のひょうたん型ハードケースと、Fender(フェンダー)やPaul Reed Smith(ポールリードスミス)等で使われている角形ハードケースの開け方をご案内致します!これを読めば、これからハードケース付のギターを購入される方ももう怖くない!?

続きを読む

この記事をシェアする