エレキギター

この記事をシェアする

Paul Reed Smith ”Sweet Switch”の真実(と噂話)

Paul Reed Smith Sweet Switch

当ブログをご覧頂いている皆様はPaul Reed Smith(PRS)に搭載されている「Sweet Switch(スイートスイッチ)」をご存知でしょうか?

Onにする事で高音域が削られ中音域が前に出た「ローファイ」な音になる、文字通り音を「甘く」させるプリセットトーンのようなスイッチで、1991年までのPRSにはこのスイッチがついていましたが、以降はオーダー品や限定モデルでしか搭載されることがなくなりました。

僕自身、この回路はコンデンサと抵抗によるローパスフィルターだと思っていましたが、とあることがきっかけで調べた所全く違うことが判明。

今回はこの「Paul Reed Smith Sweet Switch」がお題です。

続きを読む

この記事をシェアする

1960年代のGibson Les Paul Custom 徹底調査

Gibson Les Paul Custom

1960年代後期のGibson Les Paul Customを3本同時にお預かりさせて頂きました。なかなかこんな機会は巡り会えませんので、それぞれのギターを写真を交えて徹底調査致します!

そして、最後には衝撃の結末が…

続きを読む

この記事をシェアする

マニアック商品紹介のコーナー Vol.1

Gibson チャレンジャーIII

突然ですが皆さんはギターと言えばどういった物を思い浮かべられるでしょうか?

多くの方が「ストラトキャスター」や「レスポール」等の、人気・知名度の高いモデルをイメージされることと思います。

それらのモデルは各ブランドの歴史を語る上でも欠かせない物ですので、リイシュー・モデルの開発も盛んに行われており、新品&中古品共に当店でも多数在庫しております。

しかしながら、さしものギブソンやフェンダーといえど、ストラトやレスポールだけを作ってきたわけではないのです。

続きを読む

この記事をシェアする