1960s J-45 Straight Bone Saddle ロッキンカスタムモデル

「J-45」のロッキンカスタムオーダーモデルが完成!1960年代前半の雰囲気を再現しながら、Gibson専用にカスタマイズされたL.R.Baggsのピックアップを世界で初めて搭載し、即戦力のエレアコとしてもお使い頂ける実戦向きで、ルックスもサウンドも使い易さも妥協しない素敵なギターに仕上げました。Gibsonならではのサウンドの魅力と扱い易さを併せ持ったエレアコをお探しの方は是非ロッキン各店でお試しください!

カラーにも強いコダワリ!!

J-45のカラーとしては最も定番な「Vintage Sunburst」に加え、赤みを帯びた独特なカラーをサンバーストした「Montana Sunset Burst」の2カラーを作りました。「Montana Sunset Burst」はその名の通り、Gibsonアコースティックギターが製造されるMontanaの夕焼け空をイメージしたカラーで、どちらも魅力的なルックスに仕上がっております!

ルックス - 1960年代風の特徴的な仕様と雰囲気を再現

「ラージガード」と呼ばれる大きなピックガード、内側と外側で分けられた「2リング」と呼ばれるサウンドホール回りの装飾(ロゼッタと言います)、白いプラスチックツマミのペグ等、半世紀以上の歴史を持つGibson J-45の中でも人気の高い1960年代の雰囲気を詰め込みました!

サウンド - Gibsonらしいハギレの良さと太く伸びの有る音色

現在ジャパンリミテッドモデルや限定品として発売されている1960 J-45は主に「アジャスタブルサドル」が採用されていますが、ロッキンカスタムモデルではあえて「ストレートボーンサドル(スロットサドルとも呼びます)」を採用。こうする事で、アジャスタブルサドル独特の「フワッとしたハギレの良い鳴り」から一転して「芯と伸びの有る力強いサウンド」になり、そのコード感の切れの良さからストロークが主体の方にファンの多いアジャスタブルサドルに比べ、単音弾きや指弾きでもより厚みのある音色を出す事が出来る為より幅広くお使い頂けます。「サドル」は小さなパーツですが、音色にもルックスにも大きな影響を与える大事な箇所なんです。さらに、アジャスタブルサドルではその構造上取り付けるピックアップが限られてしまいますが、ストレートボーンサドルにする事で本器は純正で最新のピックアップも取り付けてあります!

エレアコ - Gibsonの為に専用に設計されたピックアップを初採用!


通常発売されている1960s J-45はアジャスタブルサドル&ノンアジャスタブルサドルのモデル共にピックアップは付いておらずエレアコにするには御購入後にカスタマイズする必要がありましたが、純正でピックアップの付いたエレアコにしました(弾き語りやライブでお使い頂く方の多いGibsonギターは後付けでピックアップを取り付けられる方もたくさんいらっしゃいます)!さらに、取り付けられているピックアップは「L.R.Baggs社」とGibsonの綿密な打ち合わせにより、Gibsonサウンドの魅力を余す事なく出力するよう開発した最新のピックアップを世界でこのモデルが初搭載!サウンドホール内6弦側に小さなVolume&Toneコントロールが取り付けられており、ライブ中に手元でコントロールが可能です。

トータル - サウンドもルックスも機能も全部妥協出来ない方にオススメ!

古き良きデザインに現代的な機能性を持たせた素敵なギターが出来上がりました!各色共、ロッキン全店へ多数入荷しておりますので、是非お近くのロッキンでお試し下さい!通信販売も行っておりますので、ご不明な点が御座いましたらお電話やメールでお気軽にお問い合せ頂ければ幸いです!

オマケ - Gibson ファンにはたまらない!?CUSTM SHOPロゴ入り!

このギターはロッキンのカスタムオーダーモデルとして企画し、レギュラー製品には存在しない特別なスペックで製造されている為、ヘッド裏には「CUSOTM SHOP」のデカールが貼ってあります。(アコースティックギターでは馴染みの薄いマークでですが、エレキギターも弾く方にはちょっと憧れ(かもしれない)のマークです!)
ホームへ戻る
Copyright©Rockin All Rights Reserved.