Gibson 1960s J-45 Brown Top Thin Finish

1960年代のレアカラーを再現

1960年代後期に極僅かのみ製造されたブラウンカラーのJ-45を再現し、可能な限り塗装を薄く仕上げる事でパワフルな鳴りを実現したロッキンオリジナルモデル「1960s J-45 Brown Top Thin Finish」です。
※Gibson マンスリーリミテッドモデルとして発売されたJ-45 Brown Topとは別モデルです。マンスリーリミテッドは通常のグロスフィニッシュかつホワイトピックガードですが、当店オーダーモデルのみ”Thin Finish”と”アンティーク・ピックガード”が採用されています。

主な特徴

  • Brown Top

    1960年代後期に作られたレアカラーの中でも特に珍しいブラウンカラー

  • Thin Finish

    一般的な塗装のようにクリアを重ねて研磨しグロス仕上げにするのではなく「吹きっぱなしの極薄仕上げ」にする事で、木地の凹凸が分かる独特の風合いとパワフルで大きな鳴りを実現。

  • アンティーク・ピックガード

    経年により色焼けしたようなクリームカラーのピックガード

  • L.R.Baggs Element VTC 搭載

    即戦力のエレアコとしてご使用頂けるよう、サウンドホール内にVolume&Toneコントロールが付いたL.R.Baggs社のElement VTCピエゾピックアップを搭載

  • ボーンナット&サドル

    レギュラー製品に標準で使用されるグラフテック社製の人口素材ではなく、昔ながらの牛骨によるナット&サドルによる太く甘い音色

デザイン

塗装質感(ヘッド)
塗装質感(ボディ)
1960年代後期にレアカラーとして製造された「Ebony(Black)」「Cherry」「Brown」の中でも再現される事が少ない「Brown Top」のカラーリングを再現しています。さらに、カラーを再現するだけではなくクリアコートを極薄の吹きっぱなしで仕上げる事で、通常のグロス仕上げとは異なる落ち着いた艶と、木地の凸凹が分かるような独特の風合いに仕上がっています。
※Thin Finishの性質上、新品時より塗装痩せがあるため、艶消しのVOSとも事なるアンティークな雰囲気です。

サウンド

中域が太くコシの有る音色になる牛骨ナット&サドルと、このモデルを作るにあたっての強い拘りでもある”極薄塗装”によるダイナミックな鳴り、パワフルなストロークから軽やかな単音弾き迄広がりの有る音が魅力です。また、純粋なアコースティックギターとしての魅力をそのままライブでお使い頂けるようにL.R.Baggs社製のElement VTCピックアップを搭載しています。

Specification

Body TopSolid Sitka Spruce
Body Side&BackSolid Mahogany
NeckMahogany
Fingerboard1-Piece Rosewood
Bridge1-Piece Rosewood
Machine HeadNickel 3-in-line White button
FinishBrown Top ”Thin Finish”
ロッキンオンラインストアで商品を見る

New Arrival

Shop Infomation

掲載商品や内容に関するお問合せはお気軽にロッキン各店迄ご連絡下さい。

ロッキン刈谷本店 TEL:0566-23-0111

ロッキン名古屋栄店 TEL:052-243-0111

ロッキン豊田店 TEL:0565-28-7676

ロッキン浜松店 TEL:053-533-5111

ロッキン岐阜店 TEL:058-372-3960